明日から自慢できる!ゲーム機やソフト・その周辺機器にまつわる雑学を紹介

このサイトでは、ゲーム機に関する役立つ雑学をご紹介していきましょう。
昨今では「おうち時間」を満喫するためのツールとして、ゲームは幅広い年代に支持をされるものとなりました。
一言にゲームといっても色んなハードで遊ぶことができ、さまざまなジャンルのソフトも販売をされています。
また周辺機器も多様で、満喫するためには別途自身で購入をしなくてはいけません。
その情報についても網羅をしているので、参考にしてください。

明日から自慢できる!ゲーム機やソフト・その周辺機器にまつわる雑学を紹介

ゲーム機で遊ぶには、まず最初にソフトを購入しなくてはいけません。
ソフトはゲーム機を製造販売しているメーカー以外でも開発をされており、RPGやシューティングなどいろんなジャンルで販売をしています。
周辺機器もあり、コントローラーやVRゴーグルをゲーム機にセットをすれば、より臨場感のある遊び方をすることも可能です。
ゲーム機は日本だけえなくアメリカのメーカーも開発をしており、世界各地に流通をしているものです。

据え置きタイプのゲーム機のこれまでの歩み

ゲーム機の歴史は、据え置きタイプのゲーム機の歴史と言っても構いません。
ほとんどの携帯ゲーム機は据え置きを出しているメーカーが出していて、メインというよりはサブとしての役割を持っているからです。
テレビの前に腰を据えてプレイするのがメインの遊び方と言えるのでしょう。
黎明期には多くの企業が参入し、その中からいくつかのところが続けて行けるぐらいのヒットを飛ばしました。
一強の時代もありましたが、やがて三つ巴へと突入し、現代まで強いメーカーが3つある状態は続いています。
そして、常に一つの企業が勝ってきた訳ではないのも面白いところです。
一度は覇権を取ったマシーンが次世代機では他会社ほど売上を伸ばせず、次の世代に雪辱を誓うというのもゲーマーが注目する要素となっています。
さらに、最近の情勢では携帯ゲーム機とのハイブリッドが登場し、業界を席巻しています。
主要メーカーだったとはいえ三つ巴ではなくなるぐらいシェアを伸ばしており、次の世代の動向が注目されているのです。

現在のアプリゲームの雛形を作った携帯型ゲーム機の歴史

スマートフォンやタブレット向けに開発されている「アプリゲーム」の雛形となっているのは、「携帯型ゲーム機」です。
1976年にアメリカの玩具メーカーが発売した世界初の携帯型の電子ゲーム機が大ヒットしたのをきっかけに、世界各国で様々な機種が登場しました。
現在の携帯ゲーム機で一般的なメディア交換型の機種は1979年に登場し、1989年に日本の京都府に本社がある玩具メーカーが発売した機種は価格の安さや本体の軽さ、少々の衝撃では壊れない頑丈さなどから、ほぼ同時に発売されたゲームソフトとともに爆発的なヒットとなりました。
1990年代半ばに市場の成長はいったん頭打ちとなりますが、通信機能をフル活用したゲームがメディアミックス化の影響で長期的な大ヒットとなったのきっかけに再び成長を始め、2000年代以降も複数の企業から新型の携帯ゲーム機が発売されています。
ゲームソフトのデータを保存する媒体はROMカートリッジから、光ディスクやUSBメモリなどと多様化しており、今日ではインターネットサービスを利用したダウンロード販売も行われています。

全世界で最大の売上高を叩き出したゲーム機とは

家庭用ゲーム機の生産は日本のお家芸と言っても過言ではありません。
売上第一位のPlayStation2を筆頭に、ニンテンドーDS、ゲームボーイ、PlayStation4、Switchと続き、ランキング10のうち9つが日本のメーカーによるものです。
10以降のランキングでもほとんどが日本メーカーです。
ゲーム機と同様にソフトもとても重要です。
遊べるソフトが少なければゲーム機の人気も上がりません。
最近ではパソコンやスマートフォンなどでも遊べるクロスプラットフォームのゲームが人気で、ソフトの売り上げを見ると海外のメーカーもたくさん入ってきます。
Unityなどの開発環境を利用して作ることもできるようになったため、比較的新規事業者の参入も容易になりました。
ゲーム業界全体でみるとクロスプラットフォーム化によってゲーム機がなくてもプレイできるものも増えてきているため、業界的には苦戦を強いられてきています。
それでもまだ新しい本体がでると生産が追い付かなくなることも多くあり、本体を日本のメーカーが独占している状態は今後も続きそうです。

ゲーム機を買取に出す際に初期化を行うのを忘れずに

ゲーム機といえば高く売れることもあるのが魅力ですが、買取価格ばかりに気を取られず、付属品の確認や初期化を忘れないことが大事ではないでしょうか。
ゲーム機の初期化は文字通り、工場出荷状態に戻すリセットのことで、ユーザーに関する情報を消去するのが目的となります。
この作業をしないとゲーム機本体にユーザー情報が残ったままになり、自分のアカウントに第三者がアクセスしたり、悪用されることもあり得るので注意が必要です。
作業といっても難しいことはなく、ゲーム機の機能から目的の項目を探して、説明や注意書きに目を通して決定するだけです。
後は処理が完了するのを待つのみですが、終わらないからといって途中で電源を切ってしまうのはNGです。
多少時間は掛かるにしても待てばいずれ終わりますから、その間は焦らずに買取に出す準備を進めることをおすすめします。
画面に完了した旨を意味する表示が現れれば、電源を切って本体や付属品を箱に入れることで、ようやく査定や売却に出せるのではないでしょうか。

ゲーム機に関する情報サイト
ゲーム機の雑学

このサイトでは、ゲーム機に関する役立つ雑学をご紹介していきましょう。昨今では「おうち時間」を満喫するためのツールとして、ゲームは幅広い年代に支持をされるものとなりました。一言にゲームといっても色んなハードで遊ぶことができ、さまざまなジャンルのソフトも販売をされています。また周辺機器も多様で、満喫するためには別途自身で購入をしなくてはいけません。その情報についても網羅をしているので、参考にしてください。

Search